Recruit Holdings Co.,Ltd.


MORE

All Hacks

All Hacks

MA2017
salespause

セールスポーズ・ドットコム(Salespause.com)はクラウドベースの営業マン追放支援を提供しています。このページではSalespause機能一覧、ケース紹介、デモをご用意しています。 ## 営業マンから身を守る方法は? 世界No.1の営業マン対策プラットフォームで営業戦略を切り崩しましょう ### 営業担当者に自動化とAIによる制裁を Salespauseは、近隣で営業活動を行った営業マンの顔画像DBを元に、悪質な営業マンかどうかを判定し、営業マンを無視するインターホンです。さらにあなたがインターホン越しで話した人物を悪質な営業マンと判定した際、その営業マンをブラックリストに追加することができます。Salespauseに搭載されたAIがそのブラックリストを学習し、再度その営業マンが来た際には、悪質な営業マンと判定し、インターホンの呼び出し機能を無効化します。 ### これから来る営業マンを予測 各家庭のSalespauseは同期されているため、とある家庭でブラックリストに認定された営業マンは、他の家庭に対しても営業をかけることができなくなります。営業マンが営業活動を行うと、営業マンの顔画像と会話内容が匿名化された状態でクラウドに蓄積されます。そして各家庭のSalespauseBrainはその人をブラックリストとして学習し、その人があなたの家庭に訪れた際、自動で無視します。すべての悪質な営業マンはもうどこでも営業活動を行えなくなります。 ### 営業マンを無視することによる罪悪感と逆恨みの心配からの解放 Salespauseは事前に学習した営業マンを無視しますが、その無視は"故障しているフリを行う"という形で行われます。Salespauseは悪質な営業マンを認識すると、画面にエラーログが表示され呼び出しボタンが押せなくなります。悪質な営業マンからするとたまたま押せなくなるだけです。呼び出しボタンが押せなくなるので、当然呼び出しは行われず、あなたは意識的に居留守をする必要はありません。Salespauseによってあなたは無意識に居留守を行えるようになり、罪悪感を感じることがありません。 ### ブラックリストに追加されていない営業マンに呼び出されたら場合、スピーディにお断りを行う あらゆる営業マンの顔画像と音声を1つの場所で管理し、いつでもどこからでも見えるように。営業マン対策のベストプラクティスの共有と画面内でのアドバイスによって、スピーディにお断りを行えます。呼び出しボタンが押されるとあなたのスマートフォンもしくはPCに通知が送られ受け取ることができます。画面上には近隣でどのような営業が行われているか、呼び出した営業マンはどのような営業を行ったかを画面に表示してくれます。それにより呼び出しを受けとるかどうかを決めることができます。また通話中にそれらの情報を閲覧することであなたのお断りの意思決定をサポートします。

0

MA2017
ぬいぼう

みなさん、一人でダルマさんが転んだをしたい時ありましたよね? そんな時に使えるのがこのぬいぼうです! ぬいぐるみとダルマさんが転んだをできます。 認識はしっかりしているので難易度は高く、とても楽しいです。 その他、こんな機能もあります。 ・ぬいぐるみと会話 ・ぬいぐるみが画像認識してくれる ・ぬいぐるみを通して、webでカメラの映像を見れる ・親がLINEのBotを通して欲しいものを聞ける

3

MA2017
半自動抵抗仕分け機

電子工作中に抵抗をいくつか取り出したものの、 カラーコードが読めないからどれがどの抵抗値かわからなくない!! 視力の低下や衰えなどから抵抗の見分けがつかない! なんて時があると思います。 そんな時、この装置を使えば欲しい抵抗を探すことができます。 これで初心者やお年寄りの方々の電子工作ライフをサポートします! [仕組み] MicrosoftのCustom Vision Serviceで数種類の抵抗の画像を学習させます。 その学習データをもとに、実際の抵抗がユーザの求める抵抗かどうかで左右に振り分けます [装置の流れ] まず、抵抗値を指定するサイト(https://goo.gl/QQMbJa)で振り分けたい抵抗値を入力します。 その後台座に抵抗を置き、スイッチを押します。 するとRaspberry Piで写真を撮り、MicrosoftのCustom Vision Serviceへ画像を送ります。 そこで機械学習した結果から、抵抗が何Ωの抵抗であるのかを推測します。 そして、推測された結果からサーボモータで、指定した抵抗値と一致するなら向かって右側へ、一致しないなら左側へ流します。

0

MA2017
てつづきおしえ太郎

「てつづきおしえ太郎」は、各種手続きに必要なモノ(印鑑、本人確認書類、委任状など)をLINE Botが教えてくれるサービスです。 <概要>  行政手続きには様々なものがありますが、その手続き時に何が必要か調べないと分からないことが多いのではないでしょうか?また役所のホームページで調べても情報量が多く、検索しきれないことや、結局役所に電話したくなるということがあるのではないでしょうか? <特徴>  「てつづきおしえ太郎」は、どこか特定地域の自治体の問題解決だけにとどまらず、様々な自治体でも同じように使えるものとして広がっていく可能性を秘めています。 <機能> ●このサービスは、そんな「調べるのがめんどくさい」を解決するLINEBotです。 ●たとえば「子供が産まれた」「出産」等と発言したら、それに関連する手続きなどの情報を教えてくれます。 ※申請書の画像も確認できるようになりました。 自治体の名前を送ると市役所の位置情報を返してくれます。(例えば、高槻市 など) ※市役所の写真を表示するようにしました。(高槻市のみ) ●ターゲットは若者からお年寄りまで幅広く。 ●色々な手続きを行う際に何が必要かわざわざ役所に電話して聞く、ホームページを調べるといったことをすることなく、さらに役所が開いていない深夜や休日であっても、LINEで手軽に問い合わせを行うことが可能です。 ●市民側も役所側も便利になります。 ●手続き以外の言葉でも日常会話が少しできるようになっています。 <今後の展開> ●プッシュ通知により、その人に合った手続きやイベントを通知することで、よりその人にマッチングする住民サービスを目指しています。 ●スタンプラリー機能により、説明のある各場所へ行くとスタンプが押せます。全部のスタンプを押せると、景品がもらえるなどのサービス提供も目指しています。

4

MA2017
SmanpoWiz

映像・音声・ジェスチャーをマッシュアップした圧倒的なユーザー体験がなんとスマホで! Googleストリートビューの景色に没入しFacebookまたはLINEの仲間と散歩気分でビデオ通話を楽しむ事ができます。 映像から利用者の動きを検出し、動いた分だけストリートビューの景色が進み、相手と近づいたり離れたりでき、仲間との散歩を仮想体験できます。 散歩ルートの設定は自由自在です。 えっ?友達がいない?? そんなあなたの為にバーチャルなお友達「Smanpoちゃん(*)」を開発しました。 Smanpoちゃんは物知りで社交的でお話上手! 最新ニュースを教えてくれたり地域のお得な宿を教えてくれたり付近の案内板を読み上げたり行き交うご当地キャラや美人さんや友達を教えたり雑談で盛り上がったりしてくれるパリピ並みに楽しい子なので、散歩体験をいい感じにしてくれます。 みんなー、バーチャルなお友達とバーチャルな散歩してみないかい!? (*)Smanpoちゃんは試作段階の為、上記GooglePlayで入手できるアプリのバージョンでは利用できません。11/15(水)の1stStage in 関東①にて披露します。→Smanpoちゃん部分の動画は↓ [![SmanpoWiz](https://img.youtube.com/vi/PdJBhtLeBos/0.jpg)](http://www.youtube.com/watch?v=PdJBhtLeBos) (MAの中の人に動画を撮影して頂きました。ありがとうございます!) 【蛇足】 ・利用シーンについて ビジネスシーンで注目の「散歩ミーティング」をVRでいかがでしょう。 ”米アップル創業者の故スティーブ・ジョブズ氏をはじめ、交流サイト・フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ氏、短文投稿サイト「ツイッター」の創業者ジャック・ドーシー氏も散歩ミーティングの支持者として知られている。”by CNN.co.jp [https://www.cnn.co.jp/business/35030256.html](https://www.cnn.co.jp/business/35030256.html) ほかにネット英会話、遠距離恋愛中のカップル、孫の顔を見たいが話が噛み合わないおじいさんおばあさんなど、利用シーンはあなた次第。 ・Smanpoちゃんについて いろいろデキる子なので、ツアーガイドとか何かのコンサルタントとか占い師とか、いい感じ育てたい。

2

MA2017
CutPics

「CutPics」は、撮影した写真や画像を簡単に編集・加工きるアプリケーションです。 撮影あるいは保存した写真の背景を自動認識するので、自分で操作する手間が省けます。 もちろん、自分で選択し、編集などの操作をすることも可能です。 作った写真は、簡単に保存、アップロードできます。 例えば、フリマアプリ、ショッピングアプリ、ネットオークションなどの商品画像の作成時に役立ちます。 例えば、複数画像を一括で同時に編集することができます。 また、今まで手動で編集していた「画像背景の削除」を、機械自らが自動で学習をし、手動で操作せずとも 綺麗に「商品」と「背景」を識別できるよう、人工知能を搭載いたしました。 人工知能は使えば使うほど、編集すべき部分やエラーの認識を学習するため、修正の手間が省けます。 これまで商品画像の編集にかけていた、労力と時間を節約でき、 より多くの商品を販売することができるようになります。

1

MA2017
Handromeda-電車内における痴漢冤罪防止システム-

GamificationとIoTとデジタル署名を活用して音ゲーをプレイするだけで自分の痴漢冤罪を証明することができるシステムです。より拘束感を求める方のためにカバンタイプも用意しました!(カバンに取り付けてある手袋の中のタッチセンサーでプレイできます。) 近年痴漢冤罪に関連するニュースを目にすることが多くなってきたと思いませんか。 また実際に痴漢に間違われ、冤罪を訴えても結果的に送検されてしまう・・・ 電車内でもつり革に捕われたように両手をあげている方々をよく見ると思います。 私たちはギリシャ神話のandromedaのように両手を拘束されている方々の冤罪証明を gamificationを活用して手助けするシステムHandromedaを開発しました。 Handromedaは音楽ゲームを両手でプレイすることでユーザーの両手が塞がり、 音楽ゲームをプレイしている現在地とbitcoinの最新ハッシュ値をデジタル署名で 生成した署名をつけて自動ツイートすることで両手が塞がっていることを証明します。 *デジタル署名とは暗号技術を応用したものです。まず秘密鍵と公開鍵を生成します。 次に平文を秘密鍵で暗号化し署名を生成します。公開鍵を使ってその署名が改ざんされたかどうかを検証することができます。もしもhandromedaのシステムを使わずに自前で秘密鍵と公開鍵を生成し署名を生成しても 既に公開されている公開鍵で検証すると検証失敗してしまう仕組みになっています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E7%BD%B2%E5%90%8D *bitcoinの最新ハッシュ値は過去からは計算できないアルゴリズムで作られ、 約10分おきに生成されます。よって事前に手元にbitcoinの最新ハッシュ値を 用意することができないので、この仕組みを利用してシステムの悪用を防いでいます。

5

MA2017
画像クローラー

昨今、機械学習とりわけ、ディープラーニングが注目を集めています。 ・tensorflow ・chainer etc フレームワークやライブラリなど、やり方が公開されてきていますが、ディープラーニングを多少なりとも勉強したり、ビジネスとして導入しようとするときに、一番大変なのが「学習させるためのデータを大量に集める」ことです。 そのために特に画像データを簡単に、大量に集められるWebツールを今回作成しました。 現在、Google画像検索、Twitter、Flickr、Webサイトからそれぞれ、キーワードを入力してデータを集めることができます。(集める対象サービスは今後増やしていく予定です) リーンキャンバスはこちらです。 https://drive.google.com/file/d/1Z7ILdjAPXAPPzVF3SwotQ8qYfc2Z3sIT/view?usp=sharing

2

MA2017
SyncPod

# コンセプト SyncPodでは、全く新しい動画視聴の体験ができます。 まるで同じ空間でDVDを見ながら会話しているように、離れた人と同時に同じ動画を楽しむことができます。 友人と好きな動画を教えあったり、恋人と同じ時間を共有したり、好きなアーティストのファン同士で盛り上がったり。 おもしろ動画を共有してもよし、一緒に映画やアニメを見てもよし、作業用BGMとして使ってもよし。 楽しみ方は自由自在です。 # 主要機能 ## ルーム機能 自由にルームを作成することができます。 作成したルームは、ルームキーによって共有します。 ボタン一つでルームキーを共有でき、他ユーザはルームキーを使ってそのルームに参加できます。 ## プレイリスト機能 ルーム内にYouTubeの動画を追加することができます。 追加された動画は順番に再生され、ルーム内にいる人は同じ動画の同じ位置を見ることができます。 途中からルームに入ってきた人は、途中から再生されるため、動画はルーム内にいる人全員で同期された状態になります。 ## チャット機能 ルーム内で同じ動画を見ながらチャットをすることができます。 動画の再生は同期されているので、動画に対する感想をリアルタイムに交換できます。 # その他機能 * 最近入室したルームが保存され、トップページに表示されます。 * ルーム情報タブにオンラインのメンバーが表示されます。 # 今後追加予定の機能 * プレイリストに追加された動画の評価及び、評価の悪い動画の強制終了 * 過去入力動画に基づく、動画の自動選択機能 # リーンキャンバス https://docs.google.com/spreadsheets/d/1mBE7H7HlJh4jpy2m8VxVdJWModZmxHpmVkHfwpFup5U/edit?usp=sharing

0

MA2017
誰でも魔法使いになれる!ジェスチャーで物体を動かすアプリ

今回はミニ四駆をIOTによりラジコン化、ジェスチャーで操作できるようにすることで、見ている人も楽しく、何かの魔法を使ったのようにものを動かすアプリを提供します。 HoloLensとIOTを連携しジェスチャーで現実世界の物体を動かすアプリです。HoloLens自体は仮想の物体と現実の物体を組み合わせるMRデバイスです。 ですがHoloLensで操作できるのは仮想物体だけで、現実の物体を動かすことはできません。ここをIOTを駆使しして現実世界にも作用させることでより仮想と現実の境界をあいまいにすることができる仕組みを実現します。

2

MA2017
加速度計を用いた日常を楽しくするツール

加速度センサの値によってあなたの日常をもっと楽しくします! Rohmの加速度センサを使い、値の変化によってスピードの変化を感知、リズムに乗って散歩や歯磨きができるようなデバイスの開発を目指しました。 歯磨きが苦な子供に遊び要素として楽しめてもらえたらな、と思い開発を進めました。 今回は加速度センサのみを使いましたが、様々なセンサを組み合わせ、取り入れることで日常がゲームになるような開発を目指しました。 現在は、加速度センサにより、連動してゲーム画面で右左に動きます。これからは左右から現れる敵を、歯磨きをしながら倒す、というゲームにしようと思っています! 遊び要素として”除夜の鐘をたたき続ける”verの機能を追加しました。108回鳴らすとスペシャルな音が鳴ります。https://twitter.com/finite_star/status/926460968829296641 MA予選、会津ハッカソンにてまなみん賞をいただきました。https://twitter.com/mashupaward/status/924547837567803393 会津ハッカソン、デモの様子 https://twitter.com/mashupaward/status/924547837567803393

1

MA2017
NeuroVoice

###概要 NeuroVoiceは、入力音声をあらゆる人の声に変換可能なソフトウェアです。 アニメ「名探偵コナン」にて、変声機型蝶ネクタイが登場しますが、まさにそれです。 NeuroVoiceを使えば、例えば、トランプ大統領の声をヒラリークリントンの声に変換することが可能です。実際に変換した例はwebページで公開しています(http://neurovoice.jp/)。 ###特長 Deep Learingを駆使して、誰が音声を入力しても特定の人物に変換できるようにしました。 ###リーンキャンバス https://drive.google.com/open?id=1pGsNFQ4cYVbqisRXaDKiXIPDjd3U2llw

1

MA2017
SpacePresen

#インベーダーゲーム+プレゼン 効果的なプレゼンをする多くの発表者は,プレゼン中に移動をしています. ですが,プレゼン中に歩き回るのは,恥ずかしくてなかなかできませんよね 練習を積めば本番でも歩きながらプレゼンが出来るかもしれません! #どうやって練習すればいいの? プレゼンの練習中に,視界に映る壁にインベーダーゲームを映し出します 自機を自分の立ち位置で制御し,敵を倒します インベーダーゲームで高得点を狙うと,プレゼン中の効果的な移動を練習することになります #もっと詳しく ユーザは,.pptxファイルのノート欄に, 「このスライドが表示されるときにはこの位置にいたい」 という情報を書きます(Right, Left, Center, Patrol(巡回)) スライドをめくるたびに,インベーダーゲームへOSCで希望位置情報が送信されます. インベーダーゲームは,受信した位置へユーザが移動するようなゲームシーンへ移ります.

5

MA2017
考える道具「REN・GA」

REN・GAは固定概念の枠を外して発散〜集約を繰り返すための道具。 同時に複数の参加者がアイデアを出し合う「共創」を実現するコミュニケーションのプラットフォームです。既存の思考のフレームワークと組み合わせることによって発想をスピードアップすることができます。 名前の由来は【れん・が】和歌の上の句(五七五)と下の句(七七)を複数の作者が協力して連作する「連歌」と、画像の「画」から発想するツールの特徴を合わせた名称。 LeanCanvas https://drive.google.com/file/d/17GLSkWJWOSEjvj_gFtVAh9QZ7d2A6ppr/view?usp=sharing

1

MA2017
半自動登壇内容通知機「とうだんくん」

勉強会やLTイベント、何かとめんどくさいのがSNSでの「誰が何喋ってるのか実況」、時間通りに進むわけでもない、適当にリストからコピーしてテキストボックスに貼り付けている間も発表が進む、でも発表内容は拾わないとだめ…。 そんな発表で「登壇者が、自分の好きなタイミングで、登壇を通知できる」のがこの半自動登壇内容通知機「とうだんくん」、アプリ側で自分の発表を選択し、ボタンを押すだけでIFTTTのWebhookを経由して自分の好きなレシピでTwitterのみならずslackや様々なサービスに対して登壇を通知することが出来ます。事前にサービスにイベントと登壇内容さえ登録すれば、運営は発表内容の実況に専念できるでしょう。 より気楽な、プレゼンイベントの運営をあなたに。 ※やっつけで作ったWebフロントは https://10-dot-talknorifier.appspot.com で確認できます MashupBattle 1stStage in 関東①でのデモはこちら -> https://twitter.com/mashupaward/status/930778630652702721

0

MA2017
山林ロガー

 このデバイスは登山客が遭難した場合に遭難場所を即座に特定し、山岳救助の負担を軽減することを想定したものですが、応用例として某ダッシュボタンのようにお店への発注ボタンとしても使うことができます。  開拓されたルートマップを頼りにドローンを飛ばすことにより、山の中など近くにお店がない労働者の現場まで安全に品物を運ぶことができます。(ex.スターバックスから暖かいコーヒーを、ほっともっとから暖かいお弁当をetc.)  このように山林ロガーは、山岳救助の負担を軽減するとともに、ドローン連携など様々な応用サービスの可能性を秘めたデバイスなのです。

4

MA2017
Goccoさん -声でコミュニケーションする家庭用Bot-

GoccoさんはBoccoとGoogle Homeを組み合わせた家庭用Botです。 現状、Google Homeを自由に喋らせる手段がなく、Boccoに音声入力をするにはボタンを押さなければなりませんが両者を組み合わせると完全ハンズフリーなBotが誕生します。 何よりBoccoはかわいいです。 日々進化し、バスの時間を調べたり、家計への立替分を記録計算してくれたり、ごはんのメニューを提案してくれたり、雨が降る前に教えてくれたりと様々な機能を持っています。元々はSlack Botとして活躍していましたが、Google Homeの発売により声だけで様々な機能が使えるようになりました。また、Boccoが内容を読んでくれることにより完全にスマートフォンフリーで朝の忙しい時間にも準備をしながら使う事ができますし、スマートフォンを手元から離してリラックスしている時にも普段から利用しているSlack Botを活用することができます。 いま使える機能としては以下のようなものがあります。 ■Google Home×Bocco で実現した機能 ◯バスの時間を教えてくれる 我が家は近くに複数のバス停があり複数系統のバスが走っているため、検索がとても面倒です。出かける直前の忙しい時でもGoogle HomeとBoccoにお願いすると着替えながらでもバスの時間がわかります。 「OK、Google。Boccoさんにバスの時間教えてと伝えて」 「16:55にバスが来るよ、あと4分で家を出れば間に合うよ」 4方向への行き先指定にも対応しています。同時にSlackには直近1時間以内のバス情報が送られます。 ◯家計への立替を記録計算 出先で買い物を頼まれたり、財布を出すのが面倒で電子マネーで払ってしまったりという場合でも記録しておけば忘れません。 「OK、Google。Boccoさんに立替、夕食のおかず、648円と伝えて」 「記録したよ。いま立て替えているのは3件、合計3,968円だよ」 家族ごと、目的ごとに別なリストが用意されているので全員別々に精算できます。 ◯天気の様子を聞く 「OK,Google。今雨降ってる?」 「今は降ってないよ。でも17:25ごろから雨が降るかも」 外を覗くのが面倒でも聞けば答えてくれます。降雨予測については改めて後述します。 ◯ごはんと外食の提案 「Boccoさんにごはん何にする?と伝えて」 「もぐもぐ……餃子食べたいな」 登録したリストの中からごはんや近所のお店をランダムで提案します。 ◯行ってらっしゃいのあいさつ 「Boccoさんに行ってきますと伝えて」 「行ってらっしゃい、気をつけてね」 家族がいない日でも寂しくありません。 ◯雑談 その他、登録されている機能に引っかからなかった場合は雑談をします。 「むにゃむにゃ……もう食べられない」 また、以下はGoogle Homeを利用しなくても自動的にBoccoが喋ってくれる機能です。 ■Bocco × 様々なAPIの利用 ◯朝のあいさつ 朝8時にその日の気象情報とGoogleカレンダーに登録された家庭の予定を教えてくれます。 「11月6日の予定を知らせるよ  燃えるゴミの日  外食  いろいろあるね。  今日の横浜の天気は晴れときどきくもり  最高気温は22℃だよ  明日も晴れときどきくもりで最低気温は12℃、最高気温は23℃だよ」 ■家族の帰宅を教えてくれる 家族が駅に到着したタイミングで「〜が家の近くまで帰ってきたよ」などと教えてくれます。 ■雨降り予告 「14:55ごろから雨が降るかも」 30分以内に一定量の雨が継続して振りそうならBoccoが喋って教えてくれます。Yahoo!の気象情報APIを元に独自のアルゴリズムを使っていますが、大まかには1mm以上の雨が途切れずに20分以上降る場合、もしくは5mm以上の雨が振る場合に予告します。 ■配達をお知らせ Amazonからの配達メールを解析し、配達がある日には声で教えてくれます。 「今日はAmazonの配達があるよ。佐川さんが届けてくれるよ」 ヤマト、佐川、郵便局などどこから配達があるかも予告します。 以上、現状実装されている機能でSlack Botとしては11ヶ月の使用実績があります。 Google Homeはまだ使い始めたばかりですが、音声コミュニケーションによってもともと便利だったものが家族のようなつきあいに変化しつつあります。

4

MA2017
Eyebrojector

#Eyebrow + Projector レーザーカッターで切り出された素敵な眉毛デザインを,スマホ等のライトでユーザの顔に映し出します. ユーザは光をなぞるだけで,憧れのあの人の眉毛を手に入れることができます. #背景 眉毛は,顔の印象を決める大事なパーツです. 化粧をすることで眉毛を意図的にデザインしている人も多いでしょう. しかし,化粧が得意でない人も多いです. そんなひとにとっては化粧は重労働です. 眉毛は顔の印象を決める大事なパーツなのに, 思い通りに書けなかったり. 市販の眉毛サポートグッズを買ったは良いものの,使いこなせない人も多いのではないでしょうか. #そんなときにこの女性が憧れる眉毛を作れるシステム,Eyebrojectorシステムを使ってください! #現在用意しているテンプレート 石原さとみ 安室奈美恵 ゴルゴ13 Eyebrojectorがあれば,あなたも石原さとみになれるかも! ぜひお使いください #野望 ユーザが好きな眉毛データを自分で作れるようなサポート開発

6

MA2017
ぶたみんとん(とんずもう)

誰もが遊んだあの名作を2017年に復活させました! ~~ぶたの鼻から放出される強力な鼻息で、ボールを打ち返せ!!~~  ** ⇒鼻息が強力じゃなくてボールを打ち返せなかった!! **   ⇒紙風船はNG、ちなみにティッシュなら浮きます! 当初の目的が実現できなかったので、 ぶたみんとん+とんとん相撲を組み合わせた 新しい遊びを開発! ブタの鼻からでる風を利用した 普通では体験できない激しすぎる**とんとん相撲**が誕生!! ** 【遊び方】 ** 鼻息は背中のボタンを押すと、最大数3回まで可能! 押し切ってしまうと、豚が疲れて暫く鼻息が出せません。 また、お尻のセンサーに息をしばらくかけると、豚さんがびっくりして~~すごい~~鼻息を出すことも!!  ⇒モーター2つ回すと電圧足りなくて、威力が軽減します。。。 出したらかなり疲れるから、使いどころを考えて!

1

MA2017
コミュ障ゲーマーの俺でもプレイまとめ動画さえあれば無敵なんだが

ゲームをプレイしていて面白かったシーンを友達と共有したいと思った事はありませんか? コミュ障故にマルチプレイをオフラインでやれない。コミュ障ゲーマーだけど、いやコミュ障だからこそTwitter仲間は多い(主に私です)。コミュ障ゲーマーだからオンラインの仲間とオンラインマルチプレイは良くする。コミュ障だからスカイプしながらとか出来ないけどマルチプレイは楽しみたい。でもやっぱりコミュ障だから後でゲーム中どこがどんな風に面白かったか伝え合うだけのコミュニケーション技量がない!(主に私ry そんなあなたにこそ!!これを授けたいッ!!(主にry 本システムはTwitterのフォロワーさんや遠隔地の友達とゲームをオンラインマルチプレイした時の面白場面を抜粋し、自動でまとめ動画に編集します。動画編集知識のない人でもファイル選択とボタンクリックだけで簡単に動画が作れます。 面白いポイントをまとめてくれた動画さえあれば、きっと、いや必ずコミュ障ゲーマーのおまいら(おもry)でも無敵(?)になれる!! 本システムはコミュ障ゲーマーなTwitterユーザー等を利用の対象としており、ゲームジャンルはオンラインゲームやオンラインマルチプレイが可能なゲームを対象として想定しております。 ■■システムの使い方■■ ①ゲームマルチプレイをスマートフォン等で撮影 ②録画した動画をYouTubeに一旦アップし、YouTube字幕機能を使って面白かった箇所や共有したい場面にコメントを記入。その後字幕ファイルをダウンロード(この手順は必須ではない) ③録画した動画と字幕ファイルを代表一名にLINE、OneDrive、Gmail等を使用して受け渡す ④代表者は本システムを使用し、画面の指示通りに全員分の「動画」、「字幕ファイル」、Twitter等の「アイコン画像」(どの動画が誰のものかを見やすくする為のもの)をシステムに受け渡す ⑤システムが字幕ファイルを元に自動で全員分の動画の面白ポイントをまとめ一本の動画に編集する ⑥出来上がったまとめ動画をTwitter、YouTube、LINE、Facebook、Instagram、ニコニコ動画等に投稿・共有 ■■ポイント■■ 全員分の動画をまとめ、アノテーションを元に面白場面を抜粋し一本のまとめ動画に自動編集します。 動画はメイン画面とサブ画面にわかれ、サブ画面には面白かった瞬間の全員の画面が、メイン画面には見せ場のプレイヤーの画面が拡大表示されます。この画面はアノテーションの順に注目画面が切り替わっていきます。 全プレイ画面は色分けされた縁取りがあり、それぞれTwitterアイコン等の画像がついているので、どの画面がだれのプレイ動画なのかを容易に知ることが出来ます。 背景BGMを追加する事で一本のまとめ動画である演出を強化します。 アノテーションされたコメントを動画下部に字幕として表示し、どのように面白かったかをコメント感覚で見ることが出来ます。このコメントは音声読みあげも可能です。 動画の撮影にスマートフォンの使用を想定しているのは、画面キャプチャー機能を持たないゲームまたはハードでも録画が可能で、かつ本システムを使用するユーザーは必ず持っていると言えるデバイスだからです。 アノテーションにYouTube字幕機能を使用し、ゲーム中のユーザーの表情や声を利用していないのは、本システムの対象が「コミュ障」「オンラインマルチプレイ」であることが理由です。 コミュ障なのでスカイプはしていませんし、オンラインマルチプレイなのでゲーム中のユーザーはその場では一人でゲームをしています。そのような状況ではどんなに面白い場面や手に汗握る場面でも表情を変えたり声を出すことはあまりありません(これはコミュ障ゲーマーの経験談からも言えます)。 それにオンラインマルチプレイをする主な時間としてあげられるのは夜です。夜中に一人で画面に向かって話しかけていたり、声を出して笑ったり画面に向かって百面相をしていたらそれはもう不審者でしかないです…なので声や表情を使わない、かつゲームプレイを阻害しない方法としてYouTubeによる字幕機能を使用しています。 最近のゲーム機には、直近何分かを常に録画しており、録画操作をすることで前後何分かを録画できる機能があるものが増えています。 ですがそれを利用しても録画できるのはその場面のみで、面白場面を複数録画してもすべてはバラバラの動画となり一本にはまとめられていません。 またこの機能では自分の画面しか録画できないので、自分が面白いと思って録画した時の他のマルチ仲間の画面までは同時に録画できません。その瞬間に他の人が何をしてたのかまでは知ることが出来ません。 本システムはマルチプレイをしていた時の面白さをそのままにしたいので、誰かが面白いと思ったその瞬間の全員分のゲーム画面を一度に見れるようにしています。 ■■ メインイラスト、キャラクターイラスト、デザインはオリジナルです 本システムは今後も機能拡張していく予定です

3

MA2017
GROOVE v2.0

# 概要 ## Imagination into Reality GROOVEは昨年から大幅にパワーアップして帰ってきました!! ↓リーンキャンバスです! https://drive.google.com/file/d/18aQo5BxPgaRIKg7Ic2yBHvlgw1PkYsox/view?usp=sharing ダンサーは音楽に合わせて踊ることしかできない。 これではショーの盛り上がりやバトルの雰囲気によって演技や演出を変えられない。 そこでダンサーが自らの表現によって外部環境をコントロールできるデバイスを制作しました。 GROOVEはダンサーやパフォーマーの動きによって音楽・映像・照明などのあらゆる外部環境をコントロールすることが出来ます。 ## GROOVEが目指すセカイ ### ダンスとしての新しいジャンル 「Techno-Swag」 ストリートダンスは時代の背景とともにその形を変えてきた。 現在ではテクノロジーの進化が著しく、あらゆるパフォーマンスに使われるようになってきた。 しかし、テクノロジーは既存のダンスのジャンルのアドオンとしての利用に限られている。 そこで、GROOVEによって新たなストリートダンスのジャンルに Augmented Dance として、テクノロジーがあってこそのダンスジャンルを確立していくことを目的としています。 ### ダンス以外での展開も ダンスだけでなく、あらゆるパフォーマンスにおいても今までに出来なかった表現やイノベーションの手助けをする事ができる。 我々はそのプラットフォームを作っていきたい。 そのプラットフォームによって我々は、人の表現をあらゆる形で拡張していく。

4

MA2017
DAMS

皆さん普段「SNS」,使いますよね? そんなSNSに私たちは旅行中の写真やら今の気分やらを自由に書き込めるわけです。しかし,例えば旅行先での写真を載せたとしましょう。あなたはその写真を見るだけでその場所がどの地域のどの都市のどこにある何なのか,ということが分かることはめったにあり得ません。 そこで,地図上でのSNSを製作することでそれがどの場所の話なのか,簡単にわかるようにしよう,とこのアプリを製作しました。 また,このシステムは防災にも用いることができます。今回,DAMSにもハザードモードというのを搭載し,どこでどんな被害が起きているのか地図上で表示されるようなモードになっています。

1

MA2017
Water Melon Sound

皆さんスイカを買うときに成熟しているかどうか買う前にわかれば嬉しいと思いませんか?! 実はスイカを叩いてその音を聞けば成熟しているかどうかがわかるんです! この成熟しているかどうかの判定のやり方に機械学習を組み合わせて一つの装置としたのがこの**Water Melon Sound**です!! 使い方は簡単!(動画参照) 1. スイカにこの装置のマイク部分をくっ付ける 2. スイカを叩く 3. その音を**Water Melon Sound**が録音し、成熟しているかを教えてくれます!! これをうまく使えば、商用利用も可能だと思います! 例えば、スーパーの陳列棚にスイカを並べる時にこれで成熟しているものがわかれば、成熟しているスイカを陳列棚の目立つ場所などに置く といった利用方法も可能かと思います。

1